売渡担保とは民法に規定のない担保形態の1つです

売渡担保とは民法に規定のない担保の1つとして捉えられています。多くは物的担保の形態をとっていますが、例えば、自己の所有するものを相手に売り渡して、代金として金銭を受領したり融資を受けた場合に、一定期間内に利息を含めた金銭を支払えば差し入れしたものを取り戻すことができる担保形態をいいます。民法においては似たような性格に譲渡担保があり、通常においては同列に使用される場合がほとんどです。それは、両方とも債権を担保するための権利の移転が目的となってることが共通としてあり、違いとして見られるのは売買に関してのみです。売渡担保とは金銭借用の申込人が買主と消費貸借契約を締結せずに売却行為を行います。つまり、後で買い戻すことを条件として資金を調達することになります。もし、一定期間内に買戻しができない場合などは買主はその物件を取得するか、または、他への売却を行うことができるようになります。譲渡担保の場合には売買の形式を取らないため、あくまでも担保として所有権を買主に差し出すものです。売渡担保とは、かねてからある「質屋」の業務に近いものがあります。

売渡担保契約とはどのような契約か

売渡担保契約とは、融資を受ける側が債権者に担保物件を売り、その代金として受け取った金額を借金として考え、その際に一定期間内に買い戻すことを約束している契約です。代金を受け取った時点で、債権者と債務者の関係は消滅しています。そのため契約期間内にその代金相当額をそろえることができずに買い戻せなかったとしても、借金が残っているわけではありません。話し合いの中で売った側が「借金」として考えるだけのことです。買い手はすでに土地を得ていますから、相手が借金として考えていたにせよ、買い戻しがなかったとしても契約上は何にも不具合は生まれません。契約期間内は第三者に売るようなことを阻止することができるといったメリットが債務者側にはあります。法律的には、再売買の予約として考えられています。売渡担保契約と譲渡担保とはあまり変わらない効果があり、一般的には譲渡担保契約の方が広く用いられています。しかし譲渡担保の場合には譲受人と譲渡人がその担保となる目的物について、どのような権利があるのかが争いの種になることもあり、売渡担保契約よりも難しい問題に発展することが多々あります。この前読んだ本にこのような事が書かれていたのでまとめてみました。その本と同時に呼んでいるカードローンの書籍にも色々と面白い事が書かれていました。特に総量規制については法律の勉強にもなるので面白いですね。総量規制って何?って人は⇒http://xn--lck0c6eya6bc1560dkrlklgro8bnl4blq3aixh3rjr0k.com/を参考にしてみてください。結構詳しく載っていますので。

売渡担保と譲渡担保の違いについて

売渡担保は、融資を希望する人が所有するものを買取る人に渡し、それ相当の金額を現金として受け取ることができる担保形式になります。決められた期間で金額と利息を付けて返済することで、買取る人に渡した所有物を取り戻すことができます。譲渡担保は、広義の意味で買戻しができる売渡譲渡と同じ意味を持つものになりますが、両者と根本的に違うのは、譲渡担保は担保として所有物の権利が買取る人に移る点です。所有権が移り、そしてそれを担保に融資を受けることができるのは同じになりますが、違いは所有権が所有者から買取をした者に移ることから、債務者にとっては厳しい条件になります。借金を返済したから返してと言っても、所有権はすでに渡っていることから、所有権をめぐって争われることもあります。現在は売渡担保と譲渡担保の違いを敢えて区別することは少ないです。あくまでも売渡担保は、買戻しなどができるという概念を持つ物として扱われることが多いです。